市街化調整区域とは?土地や住宅の購入は出来るの?

2018年12月21日

カテゴリー:不動産のプロが解説する不動産コラム

こんにちは。アジア不動産です。

市街化調整区域という言葉をご存知ですか?

市街化調整区域は様々な制限があり、理解しなければ後々トラブルになる恐れがあるんです。

そこで今回、市街化調整区域とは何か、また土地や住宅の購入は可能なのかをお話します。

 

 市街化調整区域とは?①:市街化調整区域

市街化調整区域とは、都道府県の都市計画により「市街化を抑制する区域」に指定された区域の事を言います。

禁止ではありませんが、新たに建築物を建てる事や増築する事は原則として出来ないので、無許可で家を建てる事は出来ません。

市街化調整区域で開発行為を行う際は、規模の大小に関わらず都道府県知事から開発許可を受け、増築や家を建てる際も特定の行政庁に申請して建築確認を受ける必要があるのです。

 

 

 

 

市街化調整区域とは?②:区域内で土地や住宅を購入できる?

市街化を抑制する為開発や建築・増築を極力抑えている市街化調整区域でも、土地や住宅の購入は出来るんです。

実際に市街化調整区域内で販売されている新築住宅や中古住宅、土地などは意外と多く、建物の用途や規模によっては新たに建築する事も可能です。

しかし100%許可が下りる訳ではないので、土地を購入する際は住宅が建築出来る許可が下りているか確認しましょう。

また、まだ申請をしていない場合は、期日までに許可が下りなければ契約を白紙にする旨の特約を契約書に盛り込んでもらう必要があります。

 

市街化調整区域で土地や住宅を購入とは?③:区域内で土地・住宅を購入するメリット

市街化調整区域は自由な土地利用が出来ない事や、住宅の増改築の際に許可をもらう手間といったデメリットがありますが、メリットも沢山あります。

市街化調整区域の住宅や土地は不動産価格や固定資産税が非常に安く、都市計画税に至ってはタダなんです。

また新たに家や高層ビルが建つことが基本的に無いので、周辺環境が安定している事も魅力と言えるでしょう。

他にも、市街化調整区域には市街化区域と隣接している事があるので、その場合インフラ整備が遅れる心配もありません。

しかし市街化調整区域の住宅購入希望者が多い地域では、市街化区域と同等の不動産価格の場合もあるので注意して下さいね。

 

 おわりに 

 あまりよくないイメージを持たれる事が多い市街化調整区域。

しかしメリットも多く、お得に広い土地や住宅購入が出来る事もあるんです。

しかし価格だけで判断すると危険なので、様々な要因を総合的に考えて選ぶようにして下さいね。

 

私共アジア不動産では、市街化調整区域の一戸建てや土地といった不動産を多数取り扱っています。

幅広い物件を取り扱っておりますので、土地・住宅購入は弊社にお任せくださいませ。