高齢者に優しい富士見市 支援サービスについて解説します!

2018年12月21日

カテゴリー:不動産のプロが解説する不動産コラム

こんにちは^^アジア不動産です。

少子高齢化が進んでいる現代の日本では、高齢者支援が各市町村の大きな課題でもあります。

埼玉県南東部に位置する富士見市は、在宅高齢者への援助や支給手当などの充実したサービスを展開しており、お年寄りの方も安心して過ごせる街づくりとなっています。

それぞれの制度には、対象となる方の要件が決まっていますので、制度を受けたい方は事前にチェックすることをオススメしますよ。

今回は、高齢者に優しい富士見市の支援制度について解説いたします。

高齢者に優しい富士見市 在宅サービス

年をとっても住み慣れた家、地域を離れたくない方は多いのではないでしょうか。

しかし、身体の衰えで現在の生活に支障をきたす方も多いと思います。

富士見市は65歳以上の高齢者を対象とした、在宅生活を支援するサービスを提供していますよ。

一人暮らしの高齢者の方を対象に日常生活用具給付や、市民税非課税世帯で介護保険要介護認定度が3以上の方を対象とした紙オムツ支給など、各悩みに対して適切に対応できる支援を行っています。

費用に関しましては、日常生活用具給付は一部自己負担あり、紙おむつは無料となっています。

 他にも寝具乾燥サービスや緊急時連絡システム、ごみの収集を行うふれあい収集は無料で行っていますので、便利に利用できるでしょう。

また、介護が必要な高齢者には、1ヶ月あたり5000円の支給額が得られる老人介護手当もあります。(高齢者福祉課窓口に申請書を要提出)

高齢者の大きな支援から小さなサービスまで幅広い事業を行っていますので、様々なお悩みに対応できるでしょう。

高齢者に優しい富士見市 介護保険利用者負担補助金

富士見市では、低所得者の方が安心して在宅の介護手当を利用できるように、介護保険利用者負担金補助制度を設けています。

こちらの制度を利用するためには、「市民税が世帯全員非課税であること」「生活保護を受けていない」などの要件がありますので、是非ご確認ください。

 また、市で介護保険利用者負担補助金の対象者認定申請書の提出を行うと、その後補助金のお知らせと申請書が送付されます。

確認後、申請書を再び市役所へ提出して手続きが完了した後に補助金が交付されますので、ぜひお確かめください。

補助額に関しましては、在宅手当の利用料の4分の1、老齢福祉年金受給者等は2分の1となっています。

ご自分が利用できる補助額を事前に調べることで、これからの生活費を把握することも出来るでしょう。

まとめ

富士見市が行っている支援制度を紹介しました。

より豊かな生活を送るためには、補助制度や支給手当などが充実している街へ移住することをオススメします。

富士見市で土地などの物件をお探しの際は、ぜひ私共アジア不動産にお尋ねください。

富士見市の幅広い物件を豊富にご紹介しますよ。

地域密着で高齢者に優しい物件をご用意しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。