鶴ヶ島の住みやすい土地はどの辺り?地盤調査について

2020年5月22日

カテゴリー:不動産のプロが解説する不動産コラム

こんにちは、アジア不動産です。養命酒の工場があった鶴ヶ島市鶴ケ丘、ここ数年でヤオコー、ベルクができて周りも住宅地になっていますね。鶴ヶ島市はこれからも発展を続けると思われますが、地盤や土地の強さは調査されているのでしょうか。以前は田畑だったところも多いので、地震や台風大雨に強い土地なのか、今回はまとめてみました。

鶴ヶ島の土地や用途ついて

鶴ヶ島市の地形や土地についてですが、 地形は、ほぼ平坦で荒川の支流である入間川と高麗川に囲まれた入間台地の北部先端にあり、市内には飯盛川と大谷川が流れています。この川筋に沿って北西から南東方向にわずかな起伏がみられます。

地質は、表面が関東ローム層、その下に砂礫層、さらにその下は第三紀砂泥層から構成されています。ローム層というのは 土壌区分の一つ。 砂土と粘土の中間で、砂の含有率が1/3以上の粘土質の土壌です。また、本来のローム層の定義とは違いますが火山起源の関東にある赤土の混ざったローム層が関東ローム層と呼ばれているそうです。

家康が江戸に来たことにより関東地域が開拓されますが、土壌が稲作に向いておらず、サツマイモを栽培し始めたのが川越の名産がサツマイモという話につながります。

宅地が増加し、鶴ヶ島若葉駅前は市街化区域が多い

鶴ヶ島市の土地の使用については宅地が増加していますが、畑・山林が減少しています。都市計画区域は坂戸市と昭和39年に「坂戸都市計画区域」として指定されており、東武東上線鶴ヶ島駅、若葉駅及び関越自動車道鶴ヶ島インターチェンジ周辺が市街化区域とされており、市街化調整区域もまだまだ多数あります。

災害が起こった時鶴ヶ島市はどうなるのか

埼玉県内で大きな被害をもたらしている気象災害のトップ 3 は、大雨・雷・ひょうによる被害であり、全体の70%近くを占めています。中でも台風による大雨の被害が一番多くあります。鶴ヶ島市の被害はどれほどだったのでしょうか。

大雨台風、天候による災害が起こった場合

鶴ヶ島市で過去に起こった風水害は昭和49年からの記録によれば、台風、集中豪雨などにより計24回の災害が発生しており、その中で床下浸水が6回発生しています。地域的には主に鶴ヶ丘や上広谷の大谷川や小河川沿い で被害がありました。

しかし、過去に起こったことより浸水対策が行われ、飯盛川、大谷川の雨水幹線の整備で台風の時期に床下浸水と道路冠水が若干みられる程度であり、大規模な水害は減少しています。

鶴ヶ島市ハザードマップで確認すると洪水浸水想定区域図から、 上広谷、藤金、脚折のアンダーパスの道路冠水が考えられます。また鶴ヶ島市羽折町の高麗川沿い周辺が3日間に632mm雨が降り続いた場合0.5mから3.0m以内で浸水が起こる想定となっています。

地震による災害が起こった場合

1923年関東大震災があり、当時の川越越生県道、川越坂戸県道での地割れ、高倉、藤金、五味ヶ谷地区における若干の建物被害の記録が残っています。2011年3月に起きた東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)では、鶴ヶ島市で震度5弱を記録し、屋根瓦の落下等67件、塀の倒壊4件などの被害が起こりました。

安全な家に住もう、地盤調査とは?

鶴ヶ島市の過去に災害の起こった地域を避ければこの先も安全というわけではありませんし鶴ヶ島市で過去に水害が起こった地域はもちろん対策が行われております。同じように平らに見える宅地でも、場所によってその地盤構造が大きく違います。軟弱地盤なのに対策のないまま家を建てると、不揃いに沈下するいわゆる”不同沈下”が起こります。夢にまで見た新居が傾いてしまわないために、地盤を知り、対策を立てることは非常に大切なことです。

地盤調査とは、建物を建てる際に土地にかかる荷重や沈下に対する強度を調べることで、住宅建築のための地盤調査の場合は建築物を安全に支えられる地盤かどうか、また支えられない場合は安全に持ちこたえるためにどのような方法で建築すべきかを調査することです。

土地購入後に、買主が費用を負担して家を建てる前に行うものですが、土地を購入して家を建てる以外の場合は売主が地盤調査をしています。地盤調査の調査結果は、売主に地盤調査報告書などを見せてもらうことで確認できます。中古住宅の場合は注意が必要です。

中古戸建てを買う場合

購入する中古住宅が、建物を建てる前に地盤調査をしていれば当時の調査結果をまとめた地盤調査報告書を確認することができますが、 築古の物件であれば、地盤調査をしていないケースがあります。気になる場合には必ず確認すると良いでしょう。

私たちアジア不動産では埼玉県川越市、鶴ヶ島市の物件を多数取り扱っています。地盤に関して気になること、土地や家の相談などお気軽にお問い合わせください