子育て支援はバッチリ!産前・産後ヘルパー派遣事業を始めとした狭山市の制度

2018年12月21日

カテゴリー:不動産のプロが解説する不動産コラム

こんにちは^^アジア不動産です。

我が子はとても可愛いけれど、子育ては大変なことも多いですよね。

特に妊娠中や出産直後は、赤ちゃんのお世話に追われて他のことに手が回らないというお母さんも多いでしょう。

そんなお母さんを助けるため、近年は各地方自治体でも子育て支援に力を入れています。

今回は、埼玉県狭山市が実施している子育て支援内容や費用についてご紹介します。

狭山市の子育て支援① 産前・産後ヘルパー派遣事業の内容と費用

産前・産後ヘルパー派遣事業とは、狭山市在住で、育児や家事のお手伝いが必要な方を対象としています。

妊娠中の方は、母子手帳の発行から出産までの期間内で通算10日まで利用可能となっています。

出産後は、出産または退院の翌日から4ヶ月の間で通算20日まで利用でき、赤ちゃんが双子以上の場合は1年以内で50日まで利用可能となります。

 産前・産後ヘルパー派遣事業では、家庭内の掃除や買い物、育児は沐浴やオムツ交換のお手伝い、上の子のお世話や育児相談まで行ってくれます。

お手伝いをしてくれるのは、いずれも産前・産後ヘルパーに必要な研修を受けた方や、ヘルパー3級以上の有資格者の方ですので、安心してお任せすることができますね。

費用は1時間700円となっており、最短1時間からご利用できるのも心強いです。

狭山市の子育て支援② さやまファミリー・サポート・センターの内容と費用

さやまファミリー・サポート・センターとは、子育ての手助けが必要な方(預ける会員)と子育てのお手伝いができる方(預かる会員)が、助け合いを行うものです。

預ける会員となる条件は、市内在住で生後4ヵ月~小学生までのお子さんがいる方で、預かる会員となる条件は、市内在住で事前に研修を受けた20歳以上の心身ともに健康な方が条件となります。

送迎やお預かり(お泊まりは不可)の依頼が可能で、費用は産前・産後ヘルパー派遣事業と同じく1時間700円です。

狭山市が行っているその他の子育て支援内容

狭山市では、先ほど紹介した2つの支援制度以外にも、「赤ちゃんの駅」や「こんにちは赤ちゃん訪問」など、様々な支援を行っています。

また、お子さんが大きくなったら色々な遊びや体験ができる地域子ども教室を開催するなど、お子さんの成長に合わせた支援が整っている狭山市は、子育て世代が住みやすい街と言えるでしょう。

まとめ

妊娠中のお母さんから生まれた後まで、タイミングに合わせて様々な子育て支援を実施ししている狭山市。

そんな子育て支援が充実している狭山市でマイホームを探すなら、株式会社アジア不動産へご相談ください