鶴ヶ島市運動公園について、アクセス,駐車場,施設,トイレなど~

2019年4月18日

カテゴリー:不動産のプロが解説する不動産コラム

鶴ヶ島運動公園について

市内最大規模の公園で太田ヶ谷沼を中心に桜や自然散策、グラウンドもあり少年野球等で賑わう公園です。また春には桜まつり、秋頃には産業まつりと大きなイベントもある鶴ヶ島運動公園についての情報をまとめてみました。

所在地

埼玉県鶴ヶ島市太田ヶ谷201-8

アクセス

【電車の場合】 

東武東上線「鶴ヶ島駅」下車、徒歩30分

・つるバス(南北線)

若葉駅西口発約20分「柳戸町」下車徒歩5分

(引用:鶴ヶ島市役所ホームページ)

・つるワゴン(ピンク)

鶴ヶ島西口発約25分「柳戸町」下車徒歩5分

(引用:鶴ヶ島市役所ホームページ)

イベント時には鶴ヶ島市役所から臨時バスが出ていることがあります。(産業まつり、桜まつり)

産業まつりについてはこちら:【イベント情報】産業まつり開催!【川越・坂戸・鶴ヶ島】

【自動車の場合】 

・関越自動車道「鶴ヶ島IC」から4キロメートル

・圏央道「圏央鶴ヶ島IC」から1.5キロメートル

■第1駐車場

園内140台(うち普通車兼用大型車5台分、身障者用4台)

・8時~17時30分(11月~3月)

・6時~19時30分(4月~10月)

■第2駐車場

園外西側駐車場118台

・常時開放(24時間)

夜桜のライトアップ時はこちらの駐車場が利用できます。(ライトアップは21時まで)

■駐車料金

・無料

土日祝日やイベント時は周辺道路含め混みます。

施設紹介

グラウンド

■グラウンド

メイングラウンド、サブグラウンド、ピッチャーマウンドのある広場、芝広場があります。芝広場ではサッカーの練習や犬の散歩などの姿が見られます。グラウンド使用の際は、公共施設予約システムから予約できます。また、市内在住・在学・在勤の人で構成された団体など利用には制限があります。

公共施設予約システムURL

■太田ヶ谷沼周辺

沼の周辺には桜が植えられており、桜の広場でピクニックや桜の季節には夜桜も楽しむことができます。釣りをしている方や沼の周りを歩いたりしている利用者が多くいます。自然観察の森では、水路を浄化し自然と触れ合うことができます。親水広場付近には滑り台がある潜水艦のような複合遊具と夏場は、水が引いてあり子どもが遊べる場所になっています。

■パークセンター

事務室や20人程まで使用できる会議室、シャワーと更衣室があります。トイレや水道、赤ちゃんの駅もこちらにあります。

■トイレ、休憩

パークセンター以外にも第1駐車場付近、親水広場付近、グラウンド付近など園内の至るところに設置してあります。身障者用トイレ、オストメイト(人工肛門)用のトイレもあります。休憩施設は自然観察の森付近に東屋がある他、園内にはテーブル付きのベンチがあり休憩したりできます。ドリンクの自販機も設置されています。

じゃぶじゃぶ池は夏季も現在(2019年)はやっていませんでした。整備されていないようです。

まとめ

鶴ヶ島運動公園は春夏秋冬、子どもからお年寄りまで様々な年代で楽しむことができる公園です。鶴ヶ島市や東上線沿線にお住まいの方、これから住むのを検討している方におすすめします。